risk & some souls

2006 . 09 . 04 Monday / 02 : 43 : 05 JST (+GMT900) from Opa

何かを始めるとき、そのリスクは軽視され、
時間がたつとそれが重荷になり、
やがて自分を押しつぶす、かもしれない。

今日は真面目なエントリーです。病んでるね。
気持ちが賑やかな人は読まない方が良いかもしれない。

最近のこと。
毎日精神的な疲れがあります。
全く行く意味を感じない学校に行き、
その心境のままバイトでストレスを受け、
為すべきことを成せなかった虚無感もあり、
夜はパソコンと参考書に向かう。
気づくと大体夜明け頃で、
また無意味な一日を生活する。
話は頭に戻る訳です。

充実してるんだろうけど、はっきり言ってもう面倒。
何もかもやりたくない気持ちで一杯です。

学校に行くときは無意味なリスクを背負い、
また貴重な時間が潰れてしまうと思いながらバイトをし、
勉強したかったり余暇を楽しんだりしようと思っていると
また朝がきてしまう。
結局ロクに何もせず、達成感も得られず、
何やってんだろと思いながら眠くなるのを待つのが
いやだ。

相反する気持ちと矛盾に気づきながら毎日を生活してる。
例えば、
学校に入る時には考えなかったリスク(このままでいいのか?)、
バイトを始めたときには考えなかったリスク(時間が勿体ない)、
人と出逢った時には考えなかったリスク(別れはいつかくる)、
全部もう面倒になってきてしまいました。
こういうのから逃れて、一人になりたいです。
とにかく今はもう一人が良い。

みんな凄いよね、と思うよ。
これらの不安を乗り切ってきてるんだから。
これ一番言いたかった。忘れてた。

例外もあります。
地元の友達と遊んでるときは、楽しすぎて全てを忘れられます。
昨日もスーパー銭湯に行ったりして、楽しかった。
深夜の公園だって好きだし、バカやるのも好きだし。
それが今、一番の楽しみ。
たまにでいいから、みんなと遊ぶ機会だけは潰したくないです。
ノーリスクだしね。


書いたところで気持ちは全く楽になりません。
次回のエントリーは絵日記にします。
| Life | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京 ☁ | 02 : 43 : 05 JST |
Comments for this Entry
みんなをすごいな思うのは当然だな。
みんなが進路決めてひたすら走り始めたり、走っている時に、なぜ自分は傍観しているのだろう?と思ったよ。

けれども、みんな同じでなくていい。
始める時期がちがくても助走が長くても、筋トレしまくった時期はきっと役に立つしそんな経験は他の人にできないからいい経験だよ。

親が許す限り、自分のしたいことを模索するべきであると思う。
自分の場合は逆にリスクを背負わせた。これがだめならおしまいみたいに。楽な方には逃げたくなかったし、環境を選ぶのは自分だから。
この1年がこれから先の人生を変える。と思うと辛いかもしれないが、好きなことを見つけそれを学んだらいいだけの話でもある。
自分と向き合い、自分のフィーリングを信じよ!!
Posted by neko at 2006.09.09 / 16:49 PM
拝啓、相も変わらず元気でやっておりますか。
おれはゆっくりゆっくり、色々なことをしています。

毎年受験時期になると、ジャンク先生との思い出が頭をよぎります。
あのとき、おれは勉強しなかったね。
今となっては語るに語れない思い出となっています。
そしてコンニチまで、色々なアドバイスをありがとう。

最近は気楽にのんびりしてる時間とか、
今まで過ごせなかった時間の楽しみ方が分かってきましたもんで、
コントラストの強い1日、1週間を送っています。
ココロの状態もきわめて良好。落ち着いています。

これは言ってばかりなんだけど、
深夜に居酒屋でも外でもどこでもいいから
ゆっくりしましょう。
麻布ラーメンでも神田デイリーでも全然OK!!

そして久々のコメント、ありがとうございました。
非常に嬉しいものです。
Posted by Opa at 2006.09.13 / 02:20 AM
Write Message
Name :

Mail Address :

Website URL :

Comment :

TrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/23227495
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。